2013年01月01日

コラム

パチスロ広告列車には地下鉄から南海・泉北高速、大阪モノレールもあります。
民鉄各社は、厳しいはずの大阪地下鉄が認めるのだからウチの社もいいのでは、という考えです。しかし、屋外も走る広告列車は、屋外広告物法の規制対象になると言えます。詳細は次号で・・・。


posted by inoue at 10:45| Comment(0) | 会報7号 | 更新情報をチェックする

資料コーナー

宝島社「パチンコのタブーDX」(慶封水外2 2012.12.21発行)より
①パチンコ・パチスロの売上
7号1.JPG
②パチンコ・パチスロの総遊技者数
7号2.JPG
③パチンコ・パチスロ店の店数
7号3.JPG
④パチンコ・パチスロの台数
7号4.JPG

7号絵.JPG
画:よ
posted by inoue at 00:00| Comment(0) | 会報7号 | 更新情報をチェックする

コラム ~ギャンブル広告拡大をどう視るか~

 ギャンブル広告は、パチスロ店、同メーカー、公営賭博、宝くじ・totoまで、私たちの公共空間に進出しています。これは「日陰者」が堂々と「日の目をみようとする勢い」です。しかし、これは統計にも示されているように、ギャンブルで飯を食べていた業者が不景気・ジリ貧から挽回しようとあがいている姿でもあります。公共機関や商業メディアも収入のために商業広告水準を下げて運用しているのです。
このようなときに市民はどうすべきか問われています。広告も宣伝側の自由主義、自由権、財産権原理でいくのか、視せられ聴かされる側の空間と教育の「環境主義」「選ぶ権利」を尊重するのかが問われます。
私たちはもちろん後者の立場です。山や大海はこれらの広告をする業者はいませんが、市民が油断をすれば人の目耳を盗み奪う広告が電通、博報堂から町のチラシ広告屋によって狙われているのです。 (Y)
posted by inoue at 00:00| Comment(0) | 会報7号 | 更新情報をチェックする

出版本紹介

競馬の予想をめぐっての出版物は多い。その中でも多いのは、競馬専門紙の記者のもの。その著作は王様文庫に限っても
 ① 競馬 儲けの法則66  里中李生 2003.11.20
 ② 競馬の天才がすべて明かす「最強の競馬術」  里中李生 2002.10.20
 ③ 「競馬のからくり」が怖いほどわかる本  小沼啓二 2000.8
 ④ 競馬で勝ち続ける法  里中李生 2001.11.1
 ⑤ 騎手の秘密 ―馬券的中の絶対法則  神谷武士 2004.9
 ⑥ JRA現役騎手がバラした必勝競馬術  渾一成 2006.6.20    などがある。
 これらは、騎手、馬などの情報判断で「必勝」するというほとんど誇大宣伝本である。
 もしこの著者の言うとおりなら著者は長者番付第1位になっていなければならない。里中氏は3ヶ月で200万円の黒字、16年黒字収支の天才とあるが、本当のところそれだけの納税をしているのかも知りたいところである。
 宝くじやBIGなどと異なり、馬、騎手、選手(競輪・競艇)の能力の判断評価が影響するが、その予想は「本命」や「大穴」という言葉があるように、大方の予想と番狂わせという結果は起こるものである。本命狙いだと「大数の法則」で確実に負けるし、真の必勝法はない。
 しかも、「枠連」「単勝・複勝」「馬単・馬連・ワイド」「3連単・3連複」があり、12の馬で複勝では6分の1で当てられることになるが、結局確実に必勝するということは嘘である。
 谷岡一郎教授は「ツキの法則」(PHP新書 1997.8)で、「世に存在する何万通りもの必勝法のうち、ひとつでも正しければギャンブル産業を支える基盤は崩壊するはずである。が、今のところギャンブル産業は健在である。過去数世紀そうであったように。」と述べている。
 不当表示、誇大表示の本や広告が出回っていても、あらゆるギャンブルの主催者が、これらを自らの「商品」についての不当な宣伝・表示として是正しないのは、実はマスコミ、スポーツ紙も含め、誇大表示でも不当表示でも「客」を集めるものは全て歓迎しているからである。
 ギャンブルには、消費者に正しい情報伝えると「商売」にならないという本質があり、それが不当表示広告を野放しにしているのである。
posted by inoue at 00:00| Comment(0) | 会報7号 | 更新情報をチェックする

ギャンブル万葉集

 万葉集には約4500首の歌が寄せられていますが、当時の国民は日本中に100万人の人がいたとしても、まず貴族や役人は別として、ほとんどの庶民は漢字や万葉仮名を学ぶ機会がなかったといえます。したがって、せいぜい数万人の人の歌から選ばれたものと思われます。「詠み人知らず」はもちろん庶民の歌とは限りません。
 その万葉集の巻16-3827に、長忌寸意吉麿(ながのいみきおきまろ)の「双六の頭を詠める歌」があります。
「一二の目 のみにはあらず 五六三 四さえありけり 双六の采(さえ)」
 要するに、1~6までの目があるというのですが、人間より目の数が多いとして遊んでいる歌です。実は689年に賭博化した双六が禁止されても、賭けは流行したのです。しかし、これは律令体制の役人の濫れからの禁止令でした。サイコロは賭博を代表する道具でした。
 この語感を現代の馬券・車券・舟券にあてると、
「勝負の目 単のみならず 複勝も 3連単も 掛け心のわな」
となるでしょう。
posted by inoue at 00:00| Comment(0) | 会報7号 | 更新情報をチェックする

パチンコ用語カルタ

 パチンコ・スロット界には様々な特別用語があります。判りにくい言葉もありますが、まず解説なしでだいたいの「感じ」が判るようカルタを作りました。もし全体が判れば、あなたは「知識のパチンコ依存症」?かも知れません。

あ 余り玉 募金というも 客の遺失物「横領」
い 入替の度に 警察検査料 1円パチンコ 警察指導
う 裏基盤 裏ハーネスに 裏ロムで 打ち子いらずの詐取営業
え 遠隔操作は禁止技 大当たり 大ハマリ出す操作
お オケラにされたパチンカー 落ち玉拾って追い出され
か 確率は400分の1で入る完全抽選で 確実客が負ける方式
き 僑胞(キャッポ)が多い この業界 在日コリアン 帰化増える
く 釘調整の 釘帖に釘曲げ いつしたのかと 釘を読む
け 景品を 換金しても 賭博でないと 三店方式
こ ゴト師の被害は客につけ 高設定と客に嘘
さ サブの基盤で サクラも使う サービス玉と思わせる
し 出玉モニター シマ管理 ジェットカウンター(玉・コイン計算機)は店員操作
す スロット設定6タイプ スロッゴトはロムで変え サンドも破壊
せ 生活安全課のする新台検査 退職しても業界転職
そ 損しても得はとれない 出玉 客設定
た 台から落ちた玉拾い 店員 ドル箱積み上げる
ち チャッカーに玉入らぬと呼出ランプ ハネにかかった玉の処理
つ ツケでできないパチスロに クレジットカード機も導入し
て デジタル機 データロボがチェックする
と 特殊景品 なんのこと その店だけの換金用品
な 何故ハマル パチスロの頭の中で ドーパミン
に 20兆円パチスロは 日本のギャンブル第一位
ぬ 濡れ手に金の遊技産業 パチスロメーカー 長者が並ぶ
ね 「ネカセ」た傾斜 4分3厘 玉の回りも変えるもの
の ノーヒットなら 1時間2万円ほど損をする
は 早がけ モーニングにハマル パチスロ依存症
ひ 被害は結局 客の金 ゴト師の損は 知らぬ客から
ふ プリペイドカード導入が カード犯罪を生む皮肉
へ ヘソに玉が入らない ランプで店員呼びつける
ほ 保通協 パチスロメーカー 仕切ります 公安警察 利権の構造
ま マリンちゃん 海物語で長時間 客を狂わす 新機種続々
み 蜜月といわれるパチスロ・芸能・警察・マスコミ屋
む 昔は子供の遊び機 今は大人のバクチ機
め メダルを金に換える一手間で 賭博が遊技という論理
も モンスターパチンカーが荒れすぎて 放火事件も発生し
や 「ヤラセ」か「サクラ」かパチプロか
ゆ 優先入場券くれと 寒い朝でも 列なし並ぶモーニング
よ 呼び出しを掛けても 客は熱中 玉を追い 客の車で 児も熱中死
ら ランプをみつけて何ですか ホールスタッフ 駆け回り
り リーチと予告はすれど ほんの入り口 打ちつづけ
る ルームから 店全体を カメラで監視
れ レギュラーもビッグもあります スロットコイン
ろ 露出過多です コンパニオン 出すなら玉をと イベントで
わ わからない 攻略セミナーで また騙される 依存客

 以上、パチンコ用語でやや無理矢理にカルタを作りましたが、数字で示される用語も少なくありません。台の傾きの4分3厘や、パチスロを「賭博でない」賭博にしている3店方式、4円玉と1円玉、スロットメダル20円やスロット設定450分の1、4号機・5号機(スロット)、1分で100発(パチンコのハンドル打ち出し能力)といったものです。
 また、ABC・・・で示されるCR機(カード化対応機)、AT抽選(アシスタントタイムの抽選でATになる)もあります。ちなみに3Kとは、一般にコワイ・キタナイ・キツイ仕事と思っていると、パチンコ店の3K店員とは、来ない・臭い・こぼすのことで客が呼んでも来ない、体臭が臭い、玉をひっくり返してこぼすことで客に損をさせる店員のことを言うようです。
posted by inoue at 00:00| Comment(0) | 会報7号 | 更新情報をチェックする

パチンコ研究(4)

1.今回はまず、阪井すみお著「パチンコ裏物語」(平成22年8月4日発行 彩図社 ¥590+税 文庫版222頁)からの情報を中心にパチンコの世界を研究します。
  本書は表題どおり、パチンコ・スロット店の店員として20年以上働いた店の実情を面白く書いているものです。経営者、事業者の内側の実情は紹介できていませんが、店員と客(ゴト師を含む)の間の出来事は、店の裏面も含め詳しく書かれています。このとおりならパチンコ店は違法な賭博という従来からの指摘だけでなく、「詐欺」「窃盗」「傷害」「暴行」「恐喝」「脅迫」「強要」「威力業務妨害」「偽計業務妨害」「贈収賄」「建造物損壊」「放火」「殺人」といった犯罪の巣になることがよく判ります。その内容は章と節だけでほぼ紹介できます。( )内は筆者のコメントです。
  第1章「誰も書けなかったパチンコ店の裏側」
   1.バレなきゃいいんだよ   (不正は全て)
   2.モーニングは飲食店だけにしてくれ(モーニングとは早一番の客への出玉サービス)
   3.パチンコ屋の売り上げ   (店は損せず儲けるシステム、客の入玉率400分の1)
   4.高設定イベントの罠    (高設定で当たりやすくすると広告しても結局は嘘)
   5.常連客の鋭い指摘     (客の指摘どおりでも知らん顔)
   6.誤差玉のおいしい処理   (客が落とした玉を店が福祉へといい顔をする)
   7.換金問題         (三店方式の実情)
   8.新台入れ替えの風景    (夜中の作業に警察生活安全課の癒着)
   9.出ている台は止めてしまえ (偶然で客が勝つ台は止めてしまう店)
  第2章「パチンコ店員が見たゴトのすべて」
   1.ウチコの危険なお誘い   (客が店員を不正に協力させる)
   2.トラブルを呼ぶサービス玉 (サービス玉もゴト師にかかればゆする種)
   3.招きたくない猫      (ゴト師の「猫」に手を焼く店員)
   4.また募集か?       (耐えられない店員はいくらでも募集し補給する)
   5.ねらわれたパチンコ屋   (どんな狙われかの例示集)
   6.スロットゴト20人vsヘタレ店員 (組織的ゴト師集団に店員はヘタレ)
   7.ジェットカウンターに気をつけろ (工作する場所はところ構わずに)
   8.不正発覚         (発覚しても社長・店長そこそこに)
   9.でたらめだらけの攻略法  (パチンコは偶然で、攻略法は嘘)
  第3章「パチンコ屋の危ない客・事件」
 (ここでは暴力団・ヤクザ、負け続けた客、依存症の客がもたらす暴力から放火事件までが10項にわたり紹介されている。)
  第4章「知られざるパチンコ屋の実態」
   (ここでは店員から見た病人、狂人ともいえる客から、店と客(ゴト師)双方の不正に知らぬ顔をして厳しい労働条件下で働く一方、社長の一声で300万円の現金を抜いて社長に渡す実情や、殺人未遂事件から客の報復までを書いている。放火、殺人、暴力事件のほんの一部だけが報じられているに過ぎないということになる。)
著者は「あとがき」で今もパチンコ店は「ボッタクリ」「売上げ重視」であり、「毎日来る奴が客じゃない。カネを落とす奴が客なんだ」という店の社長の言葉を伝えている。

2.この文庫本を読んだあと、別冊宝島「パチンコのタブー」(慶封水外2名 2011年11月12日発行 宝島社 ¥840 B4版127頁)が出版されていることを知りました。(また、同社の2012年12月21日発行の「パチンコのタブーDX」(¥562+税)も同じ内容です。)
  この本は、客側からパチンコの世界、特に業界の不正を告発しています。パチンコ業界が一般客に被害を与える「闇」を明らかにしているものです。その要旨を紹介します。
  まず次の5点を指摘しています。
(1)イカサマの噂は本当とし、ホールが設置する「遠隔操作」「ホルコン」「釘調整」「傾斜角度」「ジェットカウンター」の「詐欺手口」
(2)「パチンコ攻略法」の本や「ネットオークション」や案内、打法のデタラメ
(3)パチンコの儲け金は北朝鮮へ流れているとし、その送金ルートを図示
(4)石原知事のパチンコ店の消費電力の発言「パチンコ店1年間450万kw、自販機450万kw」を検証。自販機は1台0.3kw、都内85万台で25.5万kwという自販機工業界と、パチンコ店1店で208kw、4010店で84万kwという全日遊連の反対計算を紹介
(5)パチンコ店と芸能界の「蜜月関係の崩壊」 芸能人を使った広告の世界の指摘(但し、匿名での紹介に終わっている。)
 その上で、第1章から第5章まで詳しい紹介をしています。
 第1章「ホールが仕掛ける巧妙な罠」
   (1)偽イベント、サクラ、賞球カット等の「詐欺手口」、(2)客への嫌がらせ、下着盗み撮り、冷房攻撃、(3)ゴト師に無抵抗な店、店長対応をマンガで紹介、(4)「サクラを雇って小遣いを稼ぐ店長」などインタビュー
 第2章「パチンコ攻略法のウソを暴く!」
   (1)ニセ攻略法の広告で「購入」する人を騙すテクニックを紹介、(2)攻略法会社のインタビューをして「キズネタ」「当たるとは一言も言っていない」と言い逃れる発言、(3)「ニセ攻略法」と「ニセプロ」で読者を釣る攻略雑誌のインチキぶり、(4)1回4万円のセミナーの騙しにあったルポ体験談
 第3章「ホールに現れる裏稼業の男たち」
   (1)パチンコ窃盗団の巧妙手口、勝った客がゴト師や強盗に襲われた出来事まで紹介、(2)ゴト行為は海外生産の裏モノ台まで導入し、数百億円に及ぶ被害を店に与えたり、メーカー下請業者の違法パチンコ台も導入されているが、これらのゴト行為を黙認させる「暴力」の実態、(3)「パチンコ廃人」という依存症患者、モンスターパチンカーを紹介
   特に(3)は本会にとって関心が深いので詳しく紹介すると、①風俗嬢が稼いだ金をパチンコにつぎ込むといったパチンコ依存症を例示、②負けた客による器物損壊、店員への暴行、放火、③またマンガで、店や店長に雇われた「打ち子」「代打ち」から打ち子応募者への身元保証金詐欺までを紹介しています。
 第4章「メーカー&ホールと警察の利権構造」
   (1)金満パチンコメーカーの儲かる「利権の構図」では「下請業者泣かせ」「店への抱き合わせ販売」「特許、版権での儲け」について、(2)在日コリアンのパチンコ業界がマスコミを利用して「情報操作」、マスコミにとって「上客」であるパチンコ業界がマイナス報道をさせないようにしている、(3)パチンコマネーに警察が癒着、天下りし、国会議員まで関係している、さらに芸能人がキャラクターの台では20億円以上儲けたとのメーカーインタビュー発言
 第5章「ホール同士の仁義なき戦い」
   「出店妨害」「引き抜き」「大型チェーン店の小規模店潰し」、さらに過激コスチュームのサービス合戦からインチキな営業デーや賞品、とんでもない店員まで紹介。
 巻末「データで見る20兆円産業の真実」
京楽、三洋、サミー、ニューギン、SANKYO、平和などパチンコ産業の実態をグラフで紹介。これは本会としても知っておくべきなので、2012年までを追加して資料コーナーで紹介します(9、10頁)。これらのデータは白書などのデータの引用ですが、平成8年30兆円のパチンコ・スロットの売上が22年には19兆円となり、遊技者は2760万人から1670万人に減少、パチンコ・スロット店は18164店から12324店に減じ、パチンコ・スロット機は486万台から455万台に。小規模店はつぶれ、大規模店とメーカーは儲けを増やしていることを書いています。マルハン、ダイナムら1兆円を超える企業をはじめ、1000億円を超える売上の企業20以上のパチンコ屋とパチンコ機メーカーの広告が公共機関に拡げられていますが、パチスロも大が小を呑み、巨大化した資本は国民の射倖心を煽って止みません。

3.以上、近年の出版物を材料に問題点について書いてきました。今後とも研究テーマは多いのですが、パチンコについてはウィキペディア(インターネット百科事典)がA4にすると18頁相当の詳しい記載をしており、会員の皆さまにはこの記載をお読みなるとかなりまとまった知識が得られると思います。下記にその目次を転載させていただきますので是非アクセスしていただきたいと思います。パチンコと政界、関連議員の関係等へさらにアクセスできます。

【参考】ウィキペディア「パチンコ」のページより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B3
~目次~
1 概要  
2 風俗営業としてのパチンコ営業
 1 法的根拠 2 パチンコの市場規模 3 パチンコ店の業況 4 ゲーム概要 5 遊技料金 6 景品交換 6.1 一般景品 6.2 特殊景品 7 遊技機 8 タイアップ機
3 パチンコの問題点 
1 パチンコの合法性についての疑問 2 北朝鮮の資金源としてのパチンコ 3 警察との癒着 4 ATM設置 5 パチンコ依存症 6 児童の車内放置・育児放棄 7 脱税 8 不正改造・遠隔操作等の問題 9 周囲に与える影響 10 韓国におけるパチンコ禁止 11 その他
4 パチンコと在日韓国・朝鮮人の関係
1 北朝鮮の資金源
以下、5 パチンコと政界/6 歴史/7 用語/8 台の区分・種類/9 パチンコチェーン/10 日本のメーカー一覧/11 参考文献/12 脚注/13 関連項目/14 外部リンク など

posted by inoue at 00:00| Comment(0) | 会報7号 | 更新情報をチェックする

謹賀新年! HAPPY NEW YEAR

日本人、いや世界的なこの挨拶は暦を改めるにあたって人の願望の念を示します。
 だとすれば、「ギャンブル被害をなくす会」もその願いを発する資格はあるでしょう。
 昨年2月15日の会の呼びかけ以来の1年を振り返ります。

2月15日 「ギャンブル依存症を生む公認ギャンブルをなくす会」参加の呼びかけ
2月20日~3月8日
大阪府下の行政当局のギャンブル依存症対策等の調査
(アルコール依存症は医療レベルであるもギャンブル依存症はなし)
2月29日 みずほ銀行に宝くじの不当広告物の取締を要請
3月8日 会員26名となる。
3月10日 「なくそう!ギャンブル被害」会報創刊号(8頁/会員紹介、大阪府・市への要望書案、ギャンブル関係ニュース抄録、資料)
3月下旬 府・市に宝くじ等情報公開請求(任意提供の約束)
3月23日 総務省23年度地方財政審議会審議(HP)
4月上旬 府・市より情報提供を受ける。
4月20日 大阪府・市に宝くじをやめること、市にパチンコ広告をやめることの要望書提出
4月21日 市民オンブズマンニュース寄稿(橋下路線のギャンブル、ギャンブルと脱税)
5月1日 会報2号(30頁/カジノは「依存症」を生む、公営賭博と税、パチンコ規制とカジノ誘致の撤回を求める、パチンコ研究(1)、ギャンブル歴史学(1)、ギャンブルクイズ、ギャンブルニュース、ギャンブル川柳等、資料、創作小文、論壇、広告におけるタレント倫理と広告責任、ギャンブル言葉事典、参考文献一覧、会参加の案内・会則)
5月9日 東京・大阪の大手5紙へ、宝くじ・toto記事の抑制を要望
7月7日 会ブログの立ち上げ、会報3号(6頁/パチンコマンガ、ギャンブルの法則(1)(2)、賭博依存症の社会学、パチンコ3題、ギャンブル「攻撃法」の被害、ギャンブル広告のコンプライアンス、事務局だより、「脱パチンコ」出版紹介)
9月1日 会報4号(8頁/依存症いろいろ、賭博の歴史学、社会学、倫理学、ギャンブルの法則(3)(4)(5)、主要5紙への要望書、スポーツと賭博、オリンピック、イラストマンガ)
9月18日 大阪市交通局に地下鉄パチンコボディ広告列車について再要望
9末~10月 地下鉄パチンコボディ広告訴訟を検討
10月19日 大阪市長に対し、地下鉄パチンコボディ広告差し止め訴訟を提起(記者会見)
10月23日 会報5号(10頁/パチンコ研究(2)、大阪カジノ橋下路線、ギャンブル本の紹介、随想、ギャンブルCH9、依存症を増やすもの、パチンコボディ広告差し止めを求める訴訟の訴状とマスコミ報道、参考記事)
11月5日 住之江競艇視察会(会員5名)
11月27日 会報6号(10頁/BIGな犯罪を止めるべき、totoコラム、パチンコ研究(3)、出版物紹介、創作ショート、ギャンブル視察記、ギャンブル被害をどう視るか)
12月7日 会報臨時号(2頁/ギャンブルと「脱税犯罪の常態」)
12月7日 第1回パチンコボディ広告裁判(次回は準備手続として平成25年1月22日(火)午後2時30分 11民事部前)
12月10日 競馬5.7億円脱税事件の傍聴(次回2月7日結審予定)

 2012年は、世界的不況と経済停滞の下で欧米、中東、中国、アラブ圏の国内選(戦)があり、日本も消費税値上げや国民よりも政党・政治家のための政局紛争が続きました。天変地異による災害も多い年でした。辰年になったからではないですが、竜巻が年中ありました。また、ロンドンオリンピックの金メダルだけではないでしょうが、社会・国民が野蛮(ワイルド)といえるほど「お金」を追求し、「ワイルドだろう」が流行語大賞となり、「金」が2012年の漢字になりました。また、領土問題が日中韓の友好を害しました。
 ギャンブルは賭博として本来世界中の国家で禁じられていますが、例外として外国では「宝くじ」と「カジノ」、日本では「宝くじ」「toto」と「パチスロ」が大手を振っています。そして日本では、賭博主催者はギャンブル依存症に対しその責任をとらず、そのため精神を病んだ人は社会保険と社会福祉で手当てされ、そのコスト全てが国民の保険料や自治体によって尻を拭うものとなっているのです。ところが、新政権になってもギャンブル依存の財政をなくそうとはせず、自民党をはじめ、ギャンブルから上納される表裏の「金」が社会を動かしています。
 今年は、(1)ギャンブルの実態と不適法な営業の解明
     (2)ギャンブル依存症の「深み」「広がり」「怖さ」の研究
     (3)日本社会特有のパチスロギャンブルと利権の仕組み
     (4)ギャンブルの「功?」「罪」、カジノについて
     (5)依存症からの「回復」と「防止」の活動
について、さらに学び、取り組みたいと思います。
posted by inoue at 00:00| Comment(0) | 会報7号 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。