2016年01月29日

書籍紹介 

1.『ギャンブル依存症』 田中紀子(2015.9.10 角川新書 800円+税)
 著者は、祖父、父、夫のギャンブル依存に悩んだ上、2014年に「ギャンブル依存症を考える会」を立ち上げた。その著者が(1)ギャンブル依存症、(2)依存症事件談、(3)ギャンブル王国ニッポンの問題点、(4)「病気」との向きあい方、(5)依存大国から対策国へ向かうべきと訴える。ギャンブル依存に絡む10件の大きな“事件簿”なども紹介している。
最近発行されただけに比較的新しい内容となっており、2014年8月の厚労省研究班が発表した依存症536万人、20人に1人がギャンブル依存とする深刻なデータを元にして、対策の急を訴える。実は2008年調査では推計559万人になっていたというが、それにもかかわらず政府の対策のあまりにひどい遅れ、ギャンブル運営側の遅れを「告発」する。依存者・家族の側から回復のチャンス、システム、施設やGA活動への理解に加え、ネット依存症やゲーム依存症への対策も訴えている。
著者は、これらの対策を求めてカジノ賛成集会でも反対集会でも広く対策への賛同署名活動を展開している。本心が何処にあるかは別として、ギャンブル産業の中心にあるカジノについては賛成でも反対でもないとブログ等で述べている。このため、田中氏の姿勢、言動に懸念する人もいる。

2.『科学研究とデータのからくり』 谷岡一郎(2015.10.1 PHP新書 780円+税)
 本書は、①STAP細胞事件、②ノバルティスファーマデータ改ざん事件、③厚労省ギャンブル依存症記者発表の3つについて、特に③について厳しく非難する。研究者のミスコンダクト(≒不正行為)について定義し、「たちの悪さ」を5段階に分類して事件を論評する。特に③は、事実の一般化と学証責任の項で依存症536万人というエセ事実を一人歩きさせた「たちの悪さ」を非難する。
 統計と犯罪の専門家を自負する著者が、「研究者が事実認定にどう向かい合うべきか」について、研究成果の事実認定プロセス、第三者を中心とした事実認定のための新たな枠組、ディバイトのためのルール作りまでを提唱する。
 私学におけるギャンブル犯罪学分野の研究には国からの研究費をもらえなかったことからの「ヤッカミ」だと筆者自身自虐的に述べているが、政治と歴史の事実認定や研究のあり方についてや、メディアの偏向、広告業界についてもコメントしている。広告では広告業の顧客(広告主)の批判だけではなく、嘘をつくメディア、だます側を批判し、その代表として宝くじのデタラメ広告について2頁(209~210頁)にわたりコメントしている。氏の言動は注目するところが多い。


posted by inoue at 00:00| Comment(0) | 会報41号 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。