2016年01月29日

賭け行為とサムエルソン

 1970年にノーベル経済学賞を受賞したポール・サムエルソンは、日本でも標準的な近代経済学の教科書でこう述べている。
「投機を弁護する人たちは、それが競馬に賭けたり、富籤を買ったりするような賭け行為の一種にすぎないという非難を嫌がる。彼らは、不確実な世界は必然的に危険を伴うもので、誰かが危険を負担せざるをえないことを強調する。すなわち、投機家の知識と冒険好みとは、社会的に有用な目的に結びつけられていて、そのおかげで変動の幅や他の人たちにとっての危険が削減されることになる、という主張がなされる。(上でみたように、常にこのとおりであるとは限らず、投機は現に安定を乱すことにもなりかねない。しかし、このような主張が全然正しくないとは誰も言えないのである。)」
 そして、賭け行為そのものについてはこう述べている。
「なぜ賭け行為はこのように好ましくないことと見なされるであろうか。その理由の一部、おそらくはいちばん重要な部分は、道徳とか倫理ないしは宗教の分野に属することからであると思われる。これらのことに関しては、経済学者は経済学者の資格で最終的な判断を下すことはできない。しかし、経済学の立場においても、賭け行為に対しては相当に有力な否定的論議がありうる。」それは次の2点である。
「第一に、賭け行為は個人同士の間の貨幣のまたは財貨の無益な移転にすぎない場合がある。それは何の産出物を生まないのに、しかも時間と資源を吸い上げる。レクリエーション―そこでの主目的は結局のところ時間を「つぶす」ということになる―の限度をこえて行われる場合には、賭け行為は国民所得の削減を意味するだろう。」
「第二の欠点は、それが所得の不平等と不安定性を助長する傾向を持つ点にある。それぞれが同一の金額をもって賭けを始める何人かの人たちも、帰るときには大きく差のある金額を懐にしているのが普通だ。賭けをする人の家族が当然予期しなければならぬのは、日によっては世界の頂点に立った状態であるかと思うと、そのうちにまた運勢が変わって――賭け行為について我々が確実に予言しうるのは、運勢が変わるということだけだ――今度は飢えに迫られるようになるかも知れぬ、という点である。」
 サムエルソンは、農業生産物に関する投機活動の活動が危険の分散や価格安定に寄与する経済上の効用と対比して“控え目”に賭け行為にコメントしているものだが、経済活動が新たな生産物等の富を生み出す生産的経済活動や、生産物が付加価値を加えられたり消費者に販売されるまでの取引活動での経済活動には全く有用でない好ましくない行為として二点をあげたのである。
 実は、サムエルソンは註書で「職業的経営される賭け行為では、実際にはお客が差し引き損をするようになっている・・・それは「親」の方に勝ち目があるように仕掛けてあるからで、「正直な」親でも長期的には勝つようになっている」「現代でもそうだが、過去にもあったことだが、一部の社会では賭け行為を通じての所得分配不平等の強化が、その社会の節倹度や資本形成に間接の貢献をすることがありうるのだ」と述べている。前者は、日本では特別にヒドイが公営ギャンブルの「主催者 発売主」が50~25%を客全体からピンハネしていること、公民営カジノの実態をいうものである。後者は、日本では宝くじが大戦後のインフレーションの抑制や戦災復旧の資金獲得を名目にされことをいうものである。
 以上、サムエルソンは、経済学者として純粋に賭博ギャンブルはいわゆる農産物の需要と供給の世界での投機とも、また保険の経済とも異なることをはっきりさせるために二点を指摘したのだ。
 賭博ギャンブルは、犯罪(詐欺~脱税~暴力団・マフィア)との関係での悪はいうまでもない。純粋に友人間の公開されたフェアなレクリエーション娯楽を除けば、賭博開帳、富籤発売者が客を必ず収奪するものである。公正な投機や保険でのリスク分担等の効用もない。そして、現代では現代の金融資産の投機は新たな富を生み出さない非生産的活動としての投機が支配する資本主義経済を英国の経済学者スーザン・ストレンジは「カジノ資本主義」と名付けて批判したのだった。
 なお、付言すれば最近喧伝される各種保険は、本来の存立意義である「危険を少なくし、また分散させる」点で賭ける行為と逆のものとサムエルソンは述べているが、最近の保険会社のCMは「保険は冒険から生まれた」「失敗をこわがらず『何度でも挑戦できる社会』」「私たちは挑戦者を応援します」という東京海上日動のTV、新聞、地下鉄に至る広告や、交通事故で山中で「エンコ」しても事故を起こして加害者となっても、保険会社がすぐに駆けつけ、しかも電話やインターネットでより安い料金でそのサービスを提供でき、誰でも病人でもすぐに加入でき、高い保険料を支払ってもらえるなど非倫理なもの、少なくともその宣伝になっている。
 すなわち、保険も本来の危険を少なくするより、危険を冒すことを勧め、自らの負担で自らの危険を負担させるだけでなく、他人への危険負担まで安易にさせ、事故の社会的責任や道徳的責任まで無くしていく「商品」の宣伝、発売がなされているのである。保険もギャンブル化している。


posted by inoue at 00:00| Comment(0) | 会報41号 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。