2016年01月29日

投稿「金儲けだけ」のギャンブルの意味 貝都哲人

1.宝くじを含む公営ギャンブルはズバリ「金」、公共団体が客の射倖心を利用して収奪する金(収益金)にのみ存在意義・社会意義がある。
  社会には「金」で評価できない必要なことが沢山ある。無償なり労働対価として割に合わない仕事が求められている。「公」の政府自治体の欠くべからざる仕事・業務はこのようなものが圧倒している。
  公営競技事業や宝くじ発売は地方自治体の収益事業といわれるが、民営可能な交通事業などの公益事業はそのサービス提供そのものが公共目的であるのに対し、ギャンブル(賭博)は、サービスそのものが公共目的であるとはとても言えない。したがって、公営事業で収益性があってもギャンブル事業はとても公益サービス提供とはいえず、いわば、市民のうち射倖心を持つ者を対象として収益を得ているにすぎない。この収益金は、悪銭もまた金である、金に色は付かないという理由で第二の税収源のように扱われているのである。
2.本来、刑法に禁じた賭博開帳や富くじ販売を公共主体がすることは反社会的で「邪道」である。ギャンブルが市民への公共サービスだとは、絶対に言えない。
  闇の不法ギャンブルをなくすための手段として公営ギャンブルは有効であるという「理屈」もあるが、公営ギャンブルはむしろそのシステムを利用した営業的な「ノミ行為」さえ生む。公営ギャンブルがあることで賭博禁止・抑止への規範意識の形成を妨害している。事実、不法のギャンブルが公営ギャンブルによって阻止・抑止されたということはない。大麻を合法化しても麻薬や覚せい剤の使用所持・販売といった薬物犯をなくすことにはならない。(もちろん、全て自由にすれば立件事件もなくなるが、その濫用状況が出現する。)
3.ギャンブルは、スポーツやゲームといった娯楽と共になされるため、本来のスポーツ、レジャー、娯楽のサービスと一体化して取り扱われることがある。競馬、競輪、競艇、オートレースにスポーツ性があっても、この勝負に金を賭けなければ行えないものでない。(野球、サッカー、相撲etc、スポーツに関して賭博があってもそれは別個のものである。)
  宝くじ・totoに関する「スポーツ性」など、その収益金の使い道をいうにすぎない。トランプゲーム、マージャン、将棋、囲碁は、金を賭けなければただのゲームである。結果・成績に金品を賭けると賭博になる。
  パチンコやスロットも本来はゲームだけのものだった。商品を出したり、さらにそれを換金することによりギャンブルとなった。日本のパチスロはカジノのスロットのように直接チップを換金せず、三店方式という脱法システムをとっている脱法ギャンブルである。
  もちろん、パチンコ・スロットに気晴らしにいく者もいるが、客の本音は勝ちたい、金を儲けたいというのものである。気晴らしだけで高いパチスロ代が支払われることはない。気晴らしができれば賭博でないというなら、勝てば気晴らしにはなるから全ての賭博は賭博ではなくなる。
  要するに、賭博をレジャーと言おうと余暇のゲームと言おうと、それは好きな者にとってはそうとも言えるというにすぎない。負けたり借金を背負えば余暇や娯楽どころではない。賭博は客のうち95%以上が負ける。主催側は絶対に負けない。
4.ギャンブルの開帳と富くじの販売はトータルとしては必ず儲けられるので、客に対しては射倖的な様々な「夢」物語や物的サービスがその額に応じて提供される。富くじの確率は著しく低いが高額当せんの夢がある。カジノでのサービスでいえば高額カジノ利用者のコンプ(酒、食、ホテルの無料提供)までがある。副次的に提供されるサービスとは、「夢」「射倖心のはけ口」となる。
5.客の側も金を儲ける夢の機会を主観的に得たとしても、その機会に得た「夢」とは精神的な病癖、アディクション、依存症、障害といえるものである。
  結局、賭博で勝った金は自ら労働して得た成果でも他者から感謝されて得た金でもなく、その金額は他人の犠牲の上に射幸によって得たというものにすぎない。また、賭博収得金は、自己の社会的貢献として評価もされず、他者からは怨嗟の声を受ける。よって他人はおろか身内にさえその金を隠すことも多い。
  金儲けだけを考えるギャンブルの世界は、人生における本当の生きる意義や歓びとは完全に隔絶したところにある。


posted by inoue at 00:00| Comment(0) | 会報41号 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。